借金の返済方法「債務整理」の弁護士へ相談

借金の返済方法の「債務整理」について、弁護士への相談のメリットとデメリット

弁護士相談のデメリット

どんなに良いことでも必ず、デメリットはあるものです。借金で困った時、弁護士に相談するのはお勧めですが、そこにはデメリットがあります。良心的な弁護士事務所のサイトにはこういったデメリットが、あからさまにホームページに出してありますので、かなり信用できるのかもしれません。

デメリットについて、ご説明致します。デメリットは、金融業者側から見たブラックリストになってしまうということです。つまり、金融業者からの借金が残っているうちに、債務整理を行うとなると、金融業者側からみると「困ったお客」ということになるでしょう。利息等も取れなくなるからです。そうなりますと、金融業者のブラックリストに載ってしまい、今後、その業者からは借金できなくなります。

これは、考えようによっては良いことです。そうなれば、金融業者からの借金を今後しなくなるでしょう。何しろ、ブラックリストとなり貸してくれないのですから、そうならざるえないという事です。そうしますと、これを機に借金人生にピリオドを打てるでしょう。このことはデメリットでいて、メリットとなりますから、やはり弁護士に相談して借金を減らすのが一番の得策でしょう。良心的な弁護士事務所に相談して、借金を減らし、今後は借金をしないようにするのが一番良いことです。